fc2ブログ

ついに重賞8連続的中!

本日は、阪神牝馬SとニュージーランドTの2重賞が行われました。

レース1分前」に「印と買い目」を公開しましたが、結果は以下のようになりました。

阪神牝馬S

◎14番スマートレイアー:
○12番ウリウリ:3着
▲8番レッドリヴェール:
注10番ホエールキャプチャ:
△15番メイショウマンボ:
★13番ダンスアミーガ:
☆4番カフェブリリアント:1着
☆5番サングレアル:
☆7番ベルルミエール:2着

【モデル購入】

「3連複2頭流し:14→4,5,7,8,10,12,13,15の28点、12→4,5,7,8,10,13,14,15の28点、合計56点」3連複9,560円的中!

ニュージーランドT

◎12番アルマワイオリ:3着
○9番グランシルク:2着
▲4番マテンロウハピネス:
注2番ネオルミエール:
△14番アクティブミノル:
★16番ヤングマンパワー:
☆8番ヤマカツエース:1着
☆7番ナイトフォックス:

【モデル購入】

「3連複2頭流し:12→2,4,7,8,9,14,16の21点、9→2,4,8,12,14,16の21点、合計42点」3連複3,340円W的中!→6,680円

と言うことで、本日も2戦2勝となりました!

回収率は1点100円だとすると56点+42点=98点、9,800円の購入に対して、払戻しは9,560円+6,680円=16,240円なので、16,240円÷9,800円=166%です。

これで、重賞レースは8連続的中で、大阪杯のみ若干トリガミとなりましたが、それ以外の7レースは全部プラス収支となっています。

日曜日の桜花賞も必勝体制で、重賞9連続的中は間違いないでしょう。

桜花賞▲以上の重い印を打つ馬を1頭教えましょう。



レース1分前」に当ブログで桜花賞の「印と買い目」を完全公開します!

嘘偽り一切無しの当サイトの実力を存分にご覧ください!
スポンサーサイト



ニュージーランドTの印と買い目

◎12番アルマワイオリ:
○9番グランシルク:
▲4番マテンロウハピネス:
注2番ネオルミエール:
△14番アクティブミノル:
★16番ヤングマンパワー:
☆8番ヤマカツエース:
☆7番ナイトフォックス:

【モデル購入】

「3連複2頭流し:12→2,4,7,8,9,14,16の21点、9→2,4,8,12,14,16の21点、合計42点」



阪神牝馬Sの印と買い目

◎14番スマートレイアー:
○12番ウリウリ:
▲8番レッドリヴェール:
注10番ホエールキャプチャ:
△15番メイショウマンボ:
★13番ダンスアミーガ:
☆4番カフェブリリアント:
☆5番サングレアル:
☆7番ベルルミエール:

【モデル購入】

「3連複2頭流し:14→4,5,7,8,10,12,13,15の28点、12→4,5,7,8,10,13,14,15の28点、合計56点」


ニュージーランドTについて

土曜日は2重賞が行われますが、ニュージーランドTで、▲以上の重い印を打つ馬を1頭お伝え致します。

その馬は以下になります。



レース1分前」にブログで阪神牝馬SとニュージーランドTの「印と買い目」を完全公開します!

嘘偽り一切無しの当サイトの実力を存分にご覧ください!

阪神牝馬Sについて

土曜日は2重賞が行われます。

まず阪神牝馬Sですが、このレースで▲以上の重い印を打つ馬を1頭お伝え致します。

その馬は以下になります。


カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

単勝王

Author:単勝王
日本最大の競馬コミュニティサイト「netkeiba」の投稿で評判になり、多くの方からの要望により、09年9月にブログに立ち上げ、たちまちのうちに人気ブログとして一世を風靡する。人気ブログランキングの競馬部門では約2年間に渡り、「不動のランキング2位(個人ブログでは実質的な1位)」として多くの支持を受ける。2018年はできるだけ更新をしていくので応援宜しくお願いします!

無料メルマガ
購入する!
重賞レース配信成績
2016年
128戦41勝(70レース的中)
回収率108%
1点100円で計算:購入665,000円、払い戻し715,330円
収支:+50,330円
2015年
101戦33勝(59レース的中)
回収率122%
1点100円で計算:購入536,900円、払戻し653,510円
収支:+116,610円
参加ランキング
人気ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR